僕の行動記録

なにをしたか・なにをおもったか
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | 2014.11.09 Sunday | - | - |
わっしょい
この歳になって初めて、あの 国民的お祭りに参加することができました。

お祭りの主催者とは浅からぬ縁(バイト経験あり)なので、今年こそは と一念発起して、2月からじっくり準備してきた甲斐があったってもんです。

「ヤマザキ春のパンまつり2013」、25点分のシールを集め切って結願。

よくパンを買うのはハートインですが、せっかくなので祭りの本場 デイリーヤマザキまでわざわざ出向いて白いお皿に交換してもらいました。

達成感は天にも昇る勢いですが、問題は僕の今の生活に新しいお皿が全くもって必要ないということです。

うらやましいと思ったそこのあなた、シール配布は4月末で終了しております。
来年がんばってください。


| 和尚 | 物を買う. | 2013.05.13 Monday | comments(0) | - |
轍の可視化

ホームページの【峠】に 「地図検索」 を設置しました。
リンク等、不具合があればご指摘ください。

前回に新設した「おすすめコース」でYahooを利用したので、
今回はGoogleのお世話になってみました。

こうして行った場所を地図に落とすと、“未開の地”がよくわかって面白いですね。

本当は、轍を残した市町村の色塗り地図も前々から作ってるのですが、
作業が超めんどくさいので放置してしまっています。
未開の地の把握および行先決定の目安については、今後はこの峠マップを参考にしようかと思います。

とりあえず次回は佐賀県か?


| 和尚 | HPを作る. | 2013.05.04 Saturday | comments(0) | - |
四季報
先週、春の気配を先取りするために2013年初ツーリングに出かけました。
今回は、最近は僕のネクタイ掛けと化していた折り畳み自転車が相棒で。

ターゲットは『自転車人016』の特集「全国名峠セレクション122」で紹介されていた「笛吹峠」。 瀬戸内海の西の外れに浮かぶ屋代島にある峠です。

諸般の事情により実際走れる時間は半日だけでしたが、春らしい薄曇りの空の下、満開に近い桜と菜の花、暖かい海風が心地よかったです。



肝心の峠は、頂上は趣きゼロだったものの、それを挟む両峠道はそれぞれ性格が異なっており、なかなか面白かったです。
一方は、棚田の集落を結ぶユルい峠道で、もう一方は竹林と柑橘畑を縫う簡易舗装&鬼勾配。 ただ、地形図上から想像されるほど眺望が良くなかったのが残念でした。

ちなみに、走ってる最中に気付いたのですが、何気に山口県 初走行。
今まで観光で川棚温泉(瓦そば)、出張で新山口に行ったことがあったので、全く意識していませんでした。これで図らずも西日本完全制覇(全県に轍を残した)!!

と思いきや、ぬぅ…佐賀ぁ。

そして、相棒はネクタイ掛けへと逆戻り。

| 和尚 | 自転車に乗る. | 2013.03.31 Sunday | comments(0) | - |
このご時世

ケータイを機種変しました。

ようこそ五代目。
末永くよろしく。

ちなみにこの新顔、先代と同じく折りたためます。
そしてLINEは使えません。

が、何か?


| 和尚 | 物を買う. | 2013.02.17 Sunday | comments(0) | - |
PDCA 2013

今更ですが、本年もよろしくお願いいたします。

さて、去年の当ブログ記事からもわかるとおり、最近は加齢の影響で中島みゆきが心に沁みるようになってきておりますが、僕が初めてファンになった歌手はB'zです。

三十路に本格参入した今年、原点回帰ということで、B'zのライブDVDを買いました。

過去 ライブに行ったことは2回ありますが、そのどちらも映像化はされていませんでした。 今回発売されたのはその一方の 『B'z LIVE-GYM 2008 ACTION』。

あぁ…、こんな演出だったなぁ。 会場は違うけど。

その当時のブログ には「ライブ内容の詳細は後日また」なんて書いてありますので、更に今更ながら 少しだけ感想を。

・『HOMETOWN BOYS’MARCH』 の演出、温かくて素敵。映像編集した裏方さん大変やったやろね、時間との戦いが。

・それまで大して好きではなかった 『ミエナイチカラ』 にどっぷりハマってしまいました(それまでは 『MOVE』 が好きすぎて影が薄かった)。

・ライブ終了後にエンドレスで会場に流れていた当時は未発表だった曲 『National Holiday』。 もちろんその時初めて聴いたわけですが、一目惚れして会場に居座って何回も聴いていました。 やっぱり今も好きです。

と、ここまで書いて、はて似たようなことをどこかで書いたような気が…。
このブログの過去記事を検索しても無かったはずだが。

もしやと思って確認してみたら、やっぱりmixiやった…。そしてこの2008年からmixi放置してました。  なんか本来ライブDVDを観て懐かしむつもりが、mixiの日記の方がよっぽど懐かしかったというところで、以下宣伝。

2ヵ月後にはもう一方のELEVENが発売されます。 はっきり言ってどんなライブだったかほとんど覚えていませんが、買います。 また回帰します。

| 和尚 | 音楽を聴く. | 2013.02.08 Friday | comments(0) | - |
のぞかれた。

ココロのナカをのぞかれました。
自分でも見たことなかったのに。


せっかくなので自分も一緒にのぞいてみたら、
今まで一度も お願いもお礼もしたことなかったにもかかわらず、
弁が一生懸命にピロピロと働いてくれていました。@心臓エコー

そんな人間ドック初体験。

三十路に突入したことで臆病風に吹かれ、
ボーナスを当て込んでカード決済にて受診してきたわけですが。

結果、血管年齢が57歳だったこと以外は健康でした。


| 和尚 | 思いを語る. | 2012.11.29 Thursday | comments(0) | - |
月と徒花


また、女性に会いに神戸まで行ってきました。
今度は独身です。 だいぶ歳上ですが。

そしてまた、こくさいホール…。





 中島みゆき「縁会」2012〜3
 神戸国際会館 こくさいホール


以下、逢瀬の詳細に触れます。










続きを読む >>
| 和尚 | 音楽を聴く. | 2012.10.30 Tuesday | comments(0) | - |
奉拝 空木岳

木に登るにはもう薄暗かったので、丘の上から木を眺めることにしました。

少し遠いですが、丘と言えども標高が250mあるので、小さくても綺麗に
見えるだろうと思っていました。

ところが丘の登り口に立看板。

「大きな手荷物はお持ち込みいただけません」

思いっきり大きな旅行カバン持ってますけど。
プラスいつもの仕事用カバン。

コインロッカーあるっぽかったですが、カメラも忘れたし、もういいや。
一気に萎えたので、丘の麓のTOHOで映画を観てこの日は終わり。

翌日、生憎の雨模様であったものの頂上に雲は掛かっておらず、
TOBUの車窓から見上げて、結局それだけで帰ってきました。

天然の方は3年前にika(夫)氏とピークを 踏破済み でしたが、
人工の方は見たことすらなかったので、登れずとも全容が見えただけで
十分に満足です。


| 和尚 | 映画を観る. | 2012.10.19 Friday | comments(0) | - |
おろ

僕は、『北斗の拳』や『ONE PIECE』ではなく『ドラゴンボール』世代です。

ですが、『SLAM DUNK』も『幽遊白書』も一切読んだ事がありません。
それどころか、『幕張』を全巻持ってるような どうしようもない奴です。

そんな外道に漫画を語る資格は無いかもしれませんが、
好きなジャンプ漫画は『ダイの大冒険』、『新ジャングルの王者ターちゃん』、
そして『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』です。


というわけで、
好きだからということと、滋賀県が頻繁に登場するということもあり、
映画『るろうに剣心』を観に行くことにしました。

漫画・小説の映画化は、原作に思い入れのある人にとっては複雑な
気分であることが多いようですが、イメージが崩れようが、原作者を
冒涜していようが、映画自体が面白ければいいんじゃない、
というのが僕の考え。


問題は、観る前に原作を復習するか否か。

とりあえず押入れから引っ張り出そうとしたところ、手前の箱に入っていた
『20世紀少年』に手を出してしまい、結果的に復習無しで本番を迎えることになりました。


感想は、総じて微妙。

以下、映画内容の詳細に触れます。



続きを読む >>
| 和尚 | 映画を観る. | 2012.10.07 Sunday | comments(0) | - |
山岳苦行

先日 maruちゃんに褒められたことに味を占めて、
またランドナーを袋に詰めて電車に乗りました。

今回は西へ。

西へ行くからには西の日本一に肉薄しようということで、
西日本最高峰の石鎚山を拝みに行くことにしました。

が、最近立て続けにツーリングに出掛け、ことごとく天気に
恵まれていたので、さすがに運を使い果たしたとみえて、
怪しい雲行き。

なんかもう写真もなくて箇条書き的ですが、許してください。


 1日目 【 久万高原 〜 面河渓 】 36.2km

これまた前回に味を占めて、松山から久万高原まではバス輪行。
この日は快晴で、かねてより行ってみたかった四国八十八ヶ所
第45番札所 岩屋寺にも参拝し、満足。

また、この日のコースの一部は、以前に春合宿で通ったはずでしたが、
当時は逆ルートで夕暮れが迫っていたので風景に見覚えなし。
懐かしさの欠片もありませんでした。


 2日目 【 面河渓 〜 石鎚スカイライン
        〜 瓶ヶ森林道 〜 西条 】 76.0km

石鎚スカイラインを上り切ろうかという頃にパラパラ来て、
あっという間に真っ白。しかもかつてないレベルの濃さ。

もう15歳になり、もはや雨具として天寿を全うしかけている
Myゴアガッパ、今年も大活躍。
苦楽をともにというか、高校山岳部時代からだいたい苦しい局面で
着用してきたので、余計 愛着があり、買い替えられません。

その後、林道途中の最高地点から海沿いの西条まで1700mダウン。
本来であれば、ウハウハなご褒美タイムの始まりのはずが、
本日は只今より拷問タイムです。

雨の鬱陶しさと寒さだけでなく、あまりの視界の悪さに、
ヘルメットにライトをくくりつけて対向車に必死に存在アピール。

また、林道途中には幾つか素掘り風のトンネルが。
もちろん照明の類は無く、こういう場所は普段でも色んな意味で
冷やっとしながら通過しているのですが、今回は真っ暗な上に、
出口が濃霧のせいで青白くぼやけており、まるであの世の入り口に
吸い寄せられているかのよう。なんだこの奇妙な恐怖は。

もう寒くて怖くてブルブル。
ここで、この難局を救ったのは、なんと空腹。

昼食を摂る予定だった途中の山荘を、風が強くなる前に一気に
下ろうとスルーしたおかげで降臨した救世主。
腹が減ってはなんとやら、他の負の感覚を押しのけて
僕を西条駅前のうどん屋さんまで導いてくれました。

ちなみに、途中で通った寒風山トンネル。
5432mもあり、今までの自分の自転車歴を振り返っても、
何気に最長トンネルだったのでは。
帰宅後に調べたら、現在 一般道路トンネルの日本一だそうで。

こんな感じで、トンネルくらいしか記憶に残っていません。
挙句、台風のせいで危うく瀬戸大橋で足止めを喰らうところでした。

無事に帰ってきましたが、クタクタです。


続きを読む >>
| 和尚 | 自転車に乗る. | 2012.10.01 Monday | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ