僕の行動記録

なにをしたか・なにをおもったか
<< 冬は夜空 | main | 磨耗の果て >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | 2014.11.09 Sunday | - | - |
2nd
前回は広島で、しかも雨中という悪条件でしたが、
今回は京セラドーム。
日帰りできるし、気象庁に振り回されることもない好条件。

12日の土曜日、人生2度目のMr.Childrenライブ。



詳しくは[続き]を。














 【感想A】
当日会場に行ってみてわかったことですが、
予想よりもかなりステージに近い席でした。
桜井さん、蟻んこくらいにしか見えないだろうと思っていましたが、
セキセイインコくらいの大きさで見ることができました。

さらに、下記の13、14、15は花道先端に設けられた
サブステージでの演奏だったのですが、ま〜近い。
音響装置を通していないドラムの音がちょっと聴こえたぐらい。
ドーム会場にしてはありえない近さで、桜井さんの出す音(声質)の
常人離れっぷりを堪能できました。

それにしても「彩り」はよくできた曲ですね。何度聴いてもそう思います。
個人的には「ニシエヒガシエ」が一番盛り上がって楽しめました。
しっかり予習していれば「fanfare」が一番だったと思いますが。
あと、絶対やるだろうと予想していた、そしてかなり期待していた
「風と星とメビウスの輪」。期待通りの素晴らしさでした。


 【感想B】
なんかものすごくマニアックな選曲、
いろんな意味で『SUPERMARKET FANTASY』っぽくない、
世間体を気にせずにMr.Childrenの守備範囲から
満遍なくピックアップした、
だったらどうせなら「PADDLE」とか「Surrender」とか
「one two three」とか聴いてみたかった、
そんな感じ。

上のような理由からか、席が良かったわりには周りの皆さんの
盛り上がり具合がいまいちだったような。

それと、これは言っても仕方のないことですが、
前回の広島と曲が結構かぶっていたのが残念でした。


 【感想C】
演出は見事としか言いようがありませんでした。
薄い網みたいな複数の可動式スクリーンが縦にくっついたり、
横にくっついたり、その周りに配された金属製パイプみたいな
照明装置と連動した色と映像の演出にただただ感心するばかり。
もちろん桜井さんの歌も素晴らしかったですが、
ああいう技術を開発したり、構成を発案したりする方々には感服します。

演出が特に印象に残った曲は「ALIVE」と「LOVEはじめました」。
「ALIVE」は、夕日のような朝日が昇っていく様が感動的でした。
昔大好きだった「ALIVE」がまたすっかり好きになりました。
「LOVEはじめました」ではメッセージ性がかなり濃いアニメ風の
ムービーが流され、申し訳ないことに(贅沢なことに)Mr.Childrenの
生歌・生演奏をBGMにして映像に観入ってしまいました。


 【感想D】
今回は、自分の好きなMr.Childrenの歌は
あまり採用されていませんでした。
でも、
Mr.Children以外のものも含めた自分の中での楽曲カテゴリにおいて
特Aランクに属すものが2つもありました。
それらをその場で鑑賞できたことは一生の思い出です。
最後、拍手をするではなく、自然と頭を下げていました。

普段の照明がついて、現実に戻って気がつけば感動のあまり足の付け根が
ガクガク。規制退場でだいぶ待たされたのですが、むしろ椅子に座って
休めたのでよかったくらいです。


【セットリスト】
 1. 声(サビのみ)
 2. ラブコネクション
 3. Dance Dance Dance
 4. Worlds end
 5. HANABI
 6. ロードムービー
 7. 風と星とメビウスの輪
 8. ALIVE
 9. LOVEはじめました
 10.Monster
 11.ニシエヒガシエ
 12.CANDY
 13.Simple
 14.Drawing
 15.彩り
 16.fanfare
 17.箒星
 18.名もなき詩
 19.エソラ
 20.声
 21.終わりなき旅
(アンコール)
 ・365日  ・and I love you  ・GIFT
(退場曲)
 ・fanfare


| 和尚 | 音楽を聴く. | 2009.12.13 Sunday | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 2014.11.09 Sunday | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ