僕の行動記録

なにをしたか・なにをおもったか
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | 2014.11.09 Sunday | - | - |
極上の質感
前からほのかに行きたかった
プラド美術館展を味わいに天王寺へ。

彫刻家の肖像画とスイカの静物画が特によかった。
あの質感を、なにをどうしたら表現できるのか
全く理解できません。
理解の範疇を超えているので、ああいう絵をみると
素直に敬服できて爽快な気分になれます。

次は京都でルーヴル美術館展。
| 和尚 | 芸術を味わう. | 2006.07.28 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
カウントダウン
ハウルは観ず。

前にどこかのブログに書いたかもしれませんが、
・山場がどこなのかよくわかんない
・結局抽象的
という理由であまり好きではありません。

『もののけ姫』以来の後半になると必ずドロドロが出てくる
抽象路線に一息つく意味でも、息子さんのに期待大。

後半ドロドロ登場は漫画ナウシカだけで十分。
| 和尚 | 芸術を味わう. | 2006.07.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の力
大雨の中、祇園祭の山鉾巡行を見物してきました。

やってる人も見てる人も大変。
濡れた衣装とか装飾品を片付けるの手間かかりそう。
ご苦労様でした。

あれだけたくさんの人が動いて特別なことができる
パワーはすごいなと思いました。
| 和尚 | 芸術を味わう. | 2006.07.17 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
みゆきの夜
中島さんと宮部さんは天才です。

中島さんについて
「あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのや」
なんて歌い出しの詞を書ける人はなかなかいません。
そしてそれを歌って様になる人もそうはいません。
美空ひばりを知らないぼくからすると
最高の歌唱力・表現力を持った人だと感じます。
すごい。

宮部さんについて
行間に全く隙がありません。
行間を想像する楽しみはありませんが、
自然とにじみ出てくるものが、
自分の陳腐な想像力の遥か上をいっているので
人が殺されているのに感心までしてしまう始末。
なぜかどこか人情あふれるミステリーが素晴らしい。

ずっと前から思っていましたが、今日、
『瞬きもせず』を聴いて
『ぼんくら』を読んで
改めてそう感じました。
| 和尚 | 芸術を味わう. | 2006.04.12 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の文化
天気が思わしくない中、
街中にはちらほら袴姿の女性が。

数ヶ月前に着物の卸問屋さんを見学する機会があって、
そのとき初めて着物というものをじっくり見させて
もらったんですが、ありゃすごい。
もはや服ではなく立派な芸術品。すごい。

ぼく自身はたまに着物(?)を着る特殊な立場にいますが、
日本の素晴らしい伝統着を、卒業式や成人式以外にも
もっと着る機会があってもいいのでは と思います。
| 和尚 | 芸術を味わう. | 2006.03.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ